レセコンを導入している歯科を探す方法を伝授

歯

レセプトの意味や内容

PCを操作する人

業務を円滑に進めるために

普段病院を受診する際には、国民健康保険か社会保険の違いはあると思われます。しかし、ほとんどの方は保険証を提示していることでしょう。医療機関での保険証を提示して受ける保険診療の場合、診察費は患者本人には健康保険事業の運営側に請求することになります。レセプトとは、病院や歯科、薬局を含む医療機関が診察や処置などを受けた保険者に対して、請求する診療報酬明細書のことをさしています。診療行為を点数化して診療報酬を計算するものとなっており、保険診療では、診察の難易度によって報酬の料金が決められ点数化されています。この点数化したものを表としたものがあり、それを診療報酬点数表といいます。診療報酬点数表にも医療機関の領域によって種類があります。例えば、病院や診療所などで使われる医科診療に関する点数表、歯科で使われている歯科診療に関する点数表などが挙げられます。他にも、調剤薬局などで使用する調剤行為に関する点数表などがあるのです。このレセプトを作成するためのソフトが入ったものを、レセプトコンピュータといいます。また、略称としてレセコンと呼ばれています。レセプトは作成したものを審査機関へ提出しなければいけません。そのため、不備や誤りなどがあると差し戻しが発生する場合や、実際に払われるはずの金額より少ないものとなってしまうことがあります。歯科などの処置が多いと機関にとって、レセコンを導入することで、業務がスムーズとなることが考えられます。そのため、レセコンなど使用し不備を未然に防げるようレセコン自体のソフトの開発も進められているというのが現状です。